薄毛の原因「頭皮環境の悪化」がもたらす悪影響

薄毛に悩む人の頭皮は、
皮脂が多すぎるか少なすぎるかどちらかで、
ちょうどよい状態をキープしていません。

 

皮脂の過少を正常に戻すことで薄毛の進行を遅らせることが可能です。

 

頭皮の皮脂を正常に戻す

よくあるのが、年齢とともに増えてくる頭皮の皮脂の増加です。
過剰な皮脂は毛穴をふさぎ毛髪の成長の妨げになります。

 

そのため、薄毛に悩む人をターゲットにしたシャンプーには、
皮脂汚れをとる効果を謳ったものが多いです。

 

が、そのシャンプーで皮脂の取りすぎとなり、
乾燥した頭皮を作り上げてしまっている可能性もあります。

 

また、おしゃれのためのアイテムであるヘアワックスが
頭皮環境を悪化させているケースが増えています。

 

ワックスが頭皮に直接ついてしまうと、
皮脂が多いときと同じ状況を作り上げてしまうからです。
皮脂が多すぎることも少なすぎることも薄毛の原因となりますので、
適度な皮脂の状態を保つ健康な頭皮を目指しましょう。

 

頭皮の乾燥

過剰な皮脂は前述したように毛穴を塞ぐので、
薄毛の人にとって大敵ですが、頭皮の乾燥も薄毛の原因となります。

 

皮脂の取りすぎは皮脂のバリア機能を奪ってしまいます。
そのため、毛穴に細菌が入り込み、毛根にまで影響します。
それでは健康な毛髪が育ちません。

 

乾燥によるフケやかゆみも、薄毛の原因となります。
ついつい掻いてしまうことで頭皮に傷ができたり炎症を起こすことがあります。
皮膚科にかかるほどひどく乾燥する方もあるようです。

 

そのような状態では、
新しい毛髪も通常のヘアサイクルよりも早い時期に抜け毛となってしまいます。

 

頭皮の乾燥を招く要素はできるだけなくしていきたいものですが、
まずは皮脂をとりすぎないシャンプーに変えることが望ましいです。

 

そしてドライヤー使用時は、
頭皮から離してパワーは弱にして使用するのが理想的です。
ドライヤーをまったく使わないのも頭皮によくありません。

 

長時間頭皮と頭髪が湿っているのは、
雑菌を繁殖させてしまうことがあり、炎症やかゆみに繋がってしまいます。

 

今日から取り組める改善点

日常生活で注意すべき点は、紫外線に注意することです。

 

真夏だけではなく、春先から紫外線が増える時期となりますので、
戸外では帽子をかぶるなどして頭皮の乾燥をふせぎましょう。

 

さらに、温度の高すぎるシャワーや、
夏場のエアコンの冷風、冬の大気の乾燥など、
頭皮環境を悪化させる恐れのあるものが日常生活にたくさん潜んでいます。

 

小さな注意点が、健康な頭皮を育てるのだということを忘れないようにしましょう。

トップへ戻る