U型ハゲとはどんな薄毛の症状なのか?

U型ハゲとは、額部分と頭頂部の毛が抜け落ちてしまい、
側頭部と後頭部だけが残っている状態を言います。

 

U型ハゲの原因としては、O型ハゲとM型ハゲを放置してしまったため、
進行して二つが合体してU型に髪が残ったAGA(男性型脱毛症)です。

 

放置してしまった?U型ハゲ

O型ハゲやM型ハゲを放置していたつもりはなくU型ハゲになってしまった方は、
おそらく今までの改善方法がご自身に合っていなかったと思われます。

 

使用した育毛剤が合っていなかった場合などは、
やはり年月とともに薄毛は進行してしまいます。
ひとつの育毛剤にこだわりすぎたという方もおられることでしょう。

 

U型ハゲでもあきらめない

育毛剤の効果は、
通常3カ月ー時には半年経ってから現れると言われています。

 

そのため、自分に合っていない育毛剤であっても、
「もしかすると」との思いからずるずると使い続けてしまう可能性が出てきます。

 

その一方で、抜け毛や頭皮環境の改善は比較的早くから実感できます。

 

1本目から抜け毛が減ったことが実感できる育毛剤に出会うと、
まず、これ以上はひどく抜けていかないですし、
その場合は2ヶ月、3ヶ月と同じものを使用してみることをお勧めします。

 

 

完全にツルツルになり、毛根細胞が死んでしまったと思われる方は別として、
U型ハゲにまで進行してもあきらめず、
抜け毛が減る育毛剤を探す努力を続けるべきです。

 

まだ生えてきている生まれたての細い毛を抜けさせることのない育毛剤です。
抜けさせない力があれば、3ヶ月後の新しい毛を期待できるからです。

 

一度、これはと思う育毛剤を3ヶ月試したあと
その結果に満足できなければ、
また1本試してみて比較するというやり方もあります。

 

そして効果が感じられた方を選べばいいのです。
すると、最終的に自分にとって最適な育毛剤に落ち着いていきます。
お得な定期コースで長く続けるのはそれからです。

トップへ戻る