深刻な若ハゲを克服しましょう

若ハゲとは若い方がハゲている場合に使う言葉ですが、
何歳までのハゲのことを言うのかは
はっきりと決まっているわけではありません。

 

が、若いのにハゲていると思われる年齢ですから、
おおむね30代までのことを言うのだと考えればいいでしょう。

 

10代から始まる若ハゲ

その若ハゲの原因としては、
AGA(男性型脱毛症)が若い年齢で起きた可能性が高いのですが、
10代20代では精神的なストレスや生活習慣の乱れから薄毛になったり、
皮膚病がもとで一時的に薄毛になることも多く、一概にAGAだとは言いきれません。

 

年齢的に成長ホルモンも十分に出ているはずです。

 

深刻なAGAと決まったわけではありませんので、
まずは皮膚科で診察を受けることをお勧めします。
診察の結果により正しい対処法を行っていきましょう。

 

家族の協力を得ましょう

診察の結果AGAと診断されることもあり得ます。

 

10代20代でAGAによる薄毛になるということは
精神的にもかなりきついものがあります。

 

社会人でない場合、自分で積極的に育毛剤を購入することもできません。

 

家族に自分から相談するのがいいですが、
相談することに抵抗がある方もあるでしょう。

 

自分から言えなくても家族の方から育毛剤や治療を勧められた場合は、
素直に受け入れることが今後のために大切です。
デリケートな問題なので家族も何度も提案することは控える可能性があります。

 

家族からの提案を断った経験のある方は
自分から家族に頼みなおしましょう。

 

正しい対処法を選ぶことが大切ですので、
多少の恥ずかしさは乗り越えなければなりません。

 

家族の協力が得られれば早い段階で育毛に取り組むことができます。
効果的な育毛剤も多数あります。
若いので成長ホルモンの分泌が活発なことも、改善を期待できる要素です。

 

AGA治療や医薬品はオススメできません

若ハゲの方は、改善のために
医薬品を使用することは避けるほうが賢明でしょう。

 

育毛のために使われる医薬品の薬品名は
ミノキシジルとフィナステリドで、
具体的な薬の名称は、「リアップ」「プロペシア」などです。

 

それらは育毛に効果的ですが副作用があり、
その内容は不整脈や性欲減退、性的不能、うつ病などがあげられます。

 

プロペシアは通常医師の処方でしか手に入りません。
一部の人はネットで個人輸入をしていますが、大変危険です。
そのような方法では副作用の説明を十分に受けることができないからです。

 

リアップはドラッグストアで手に入りますが、
副作用のリスクから使用をためらう方の多い育毛剤です。

 

10代から30代はまだ若く、
これから結婚し子どもをもうけるなど人生の大事な局面を迎えます。

 

 

先はまだ長いのです。
副作用のない安全で効果的な育毛剤もありますので探してみましょう。
人生に影響するような副作用が起こるかもしれない育毛剤は、
若い方には特に推奨できません。

PAGETOP