副作用のある育毛剤に注意しよう!

育毛剤を選ぶときは、
副作用のある成分についても知っておく必要があります。

 

その成分とは第一類医薬品の
「ミノキシジル」「フィナステリド」です。

 

これらの成分が含まれている場合
副作用に注意しながら使用・服用することが必要です。

 

現在国内で発売されている育毛剤にも、
副作用の出る可能性がある商品があります。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル配合の人気商品に「リアップ」があります。
ミノキシジルはもともと高血圧の人に対する薬として開発されました。
その副作用として多毛症があったため、育毛剤として開発されることになったのです。

 

ミノキシジル配合の服用タイプの育毛剤には、
副作用と思われる循環器疾患の事例が出たため、
その後は外用薬として開発され、現在日本では育毛剤「リアップ」が発売されています。

 

そのリアップ購入時には、薬剤師による心臓病の有無などの確認があります。
ネット購入の場合にも、店舗から健康状態などの確認があります。

 

やはりそれだけ「リアップに含有されるミノキシジルに
副作用の可能性がある」ということは見過ごせないレベルということです。

 

その心配される副作用とは、不整脈、低血圧、性的不能、体重増加などで、
他にも頭皮の赤味やかゆみなどさまざまな副作用の可能性が確認されています。

 

リアップを使用される場合はそれらの副作用が自分に起こっていないか
注意深く自己観察し、異常があれば医師に相談するようにしてください。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドは、「プロペシア」という商品名で
AGA治療薬時に処方される大変有名な内服薬です。

 

フィナステリドは
ジヒドロテストステロンの生成を抑えることで抜け毛を予防します。

 

その効果は認められていますが、勃起不全、精子の異常、
うつ病、肝機能障害などの副作用も確認されています。

 

服用薬も頭皮に塗布する育毛剤も発売されていますが、
男性のやる気や元気を失わせてしまうような副作用が確認されています。

 

毛髪に効果があったとしても今までの元気がなくなると
男性として魅力も半減してしまうのではないでしょうか。

 

フィナステリドを使用して、
やる気がなくなる気分が落ち込むなどの症状がありましたら、要注意です。
処方を受けた医師に相談しましょう。

 

また、フィナステリドは女性の服用が禁止されていて、触れてもいけません。
成分を吸収すると妊娠時に胎児に悪影響が出るからです。
特に胎児が男性の場合、生殖器に異常をきたす可能性があります。

 

クリニックでAGA治療の際に医師のもとで処方される場合には
諸注意を受けると思いますが、個人輸入の際には完全な自己責任です。

 

自分自身の副作用のチェックと、
身近な女性への配慮を絶対に怠らないようにする必要があります。

 

安全性の高い医薬部外品の育毛剤

これら副作用のある育毛剤は「医薬品」なので、
効果の裏返しの副作用が起こります。

 

「医薬部外品」の育毛剤なら、
副作用のある成分の配合が認められませんので重大な副作用は起こりません。

 

まれに皮膚トラブルの報告もありますが、
地肌をいたわりながら育毛できるものを選ぶことで回避できることでしょう。

 

ネット通販で成分の比較検討を
しっかり行ったうえで購入するのが、もっとも安全な方法です。

PAGETOP