薄毛対策の決定番「育毛剤」はいつから始める?

ご自身の薄毛を自覚されたのはいつでしょうか?
そして実際に対策を始めたのはいつでしょうか?

 

最近では20代30代から薄毛を気にかけて
対策を取っている方が多いそうです。
女性の目を気にする繊細な男子が増えたということかもしれません。

 

もしも、その時期に、取るべき対策を取るとそれから先、
40代以降は薄毛に悩むことがなくなる可能性が大きいですね。

 

取るべき対策とは、まず「育毛剤」です。

 

薄毛対策には増毛、植毛、カツラなどがありますが、
即効性を求めて10年後、20年後の頭髪を台無しにしてしまうことのないようにしましょう。

 

即効性が値打ちのカツラ

今日だけどうしてもフサフサに見せたいのならカツラもいい方法でしょう。

 

値段は10万円から良いものだと50万、60万それ以上としますが、
なんらかの事情でどうしても今日会う相手の前で恥をかきたくない、
その人には二度と合わないなどという事情があればカツラも役に立つでしょう。

 

けれど普段の生活にカツラを導入するのはかなりの勇気が必要です。
誰の目にもカツラ装着がわかるので注目されてしまうのは居心地悪いですね。

 

「自分はカツラをつけてもそんなに違和感がないからその点は大丈夫」
と思う段階の方なら、ますますカツラはやめておきましょう。

 

蒸れてしまって頭皮環境に良くありません。
いまのうちなら改善されるはずの薄毛が悪化してしまいます。

 

良い医師に巡り合うことが大切な植毛

植毛は現在では自毛による植毛が主流ですので、
昔ほど術後トラブルは減りました。

 

が、やはり高額であることや術後の見た目の不満などが難点です。

 

費用は、施術クリニックにより、
また薄毛の状況により幅がありますが、30万から150万ほどかかります。

 

毛が濃い箇所から取り、薄い箇所に植え付け手術をするのですが、
クリニックの医師の腕前によってはもともとの毛と植毛箇所の毛の流れが不自然、

 

施術の傷が痛む、ということもありますので、
費用面への納得と、医師選びには慎重になることをお勧めします。

 

高額であることとアクシデントの可能性を除けば植毛は良い方法かもしれません。
が、安価で自宅でコツコツ取り組める自然な育毛という点で、
育毛剤の方が良いと思われる方も多いはずです。

 

気楽に始めるなら増毛と併用の育毛剤

増毛に関しては、一時的に増えるだけですし根元に結び付けた毛は
一ヶ月もすると結び目が地肌から離れていきますので、
即効性はあっても永続性はありません。

 

毎月メンテナンスに行ける方にはよいと思いますが、
費用を捨てる感もありますので、一刻も早く見た目を改善したい人は
増毛を1、2度しながら、育毛剤で本物の毛も増やしてくことをお勧めします。

 

増毛の費用については、増毛本数によりますが、
1回に1万円から4万円ほどかかり、毎月のメンテナンスが望ましいとされます。

 

育毛剤についてはおおむねひと月当たり7000円くらいです。
コスパ的にもよいですし、大きな失敗がなく自宅で自然に増やすことができます。 

PAGETOP