美容師さんに髪型を注文する時のコツとは?

美容室や理髪店でヘアスタイルをどのように頼んでいますか?

 

薄毛が気になり始めた人でも案外「いつものようにしてください」
と言っているのではないでしょうか?

 

これまでは「いつもの」ヘアスタイルが
自分のベストなヘアスタイルだったと思いますが、
髪の毛の量が減ってくると、今までのヘアスタイルが徐々に似合わなくなってきます。

 

そろそろ考え直してみませんか?

 

美容師さんからは言えない

今までのヘアスタイルが似合わなくなったと感じていながら、
「いつものように」と頼んでしまうのは、

 

「面倒だから」「どう頼んでいいかわからないから」
「どんなヘアスタイルが自分に似合うかわからないから」
「薄毛を気にしていると思われたくないから」などさまざまな理由があるでしょう。

 

ここは思い切って、
「いつものヘアスタイルが似合わなくなった気がして」あるいはいっそのこと
「薄いから気になっていて」あとさらっと言ってみてはどうでしょうか?

 

 

美容師さんは髪の毛の薄い人を毎日毎日何人も見ておられます。

 

薄毛を見るのは特別なことではないので、
見られて恥ずかしいという気持ちは捨てましょう。

 

徐々に薄くなってきているのに何も言わないお客さんに対して、
「少し薄くなりました?」どころか「ヘアスタイル変えてみますか?」
という提案も美容師さんからはなかなかできません。

 

あっさりと「薄くなってきたんですが、
どんなヘアスタイルがいいでしょうね」と言ってみると喜んで提案してくださることでしょう。
美容師さんもお客さんにカッコよくなってもらいたいのです。

 

そうできる美容室でありたいはずです。

 

遠慮せず恥ずかしがらず、
「自分に似合うカッコいいヘアスタイルにして!」という気持ちでいいと思います。

 

馴染みの方に相談する

美容室ではこちらが薄毛で困っていることをはっきりと伝えると、
薄毛対策を教えてくれるかもしれません。

 

シャンプーの仕方やブローの仕方、清潔に整えられるようにお勧めの商品など、
丁寧に教えてくれる美容師さんは多いはずです。

 

育毛剤も美容室専用のものがあることもありますし、
本当に親身になってくれる美容師さんならご自身の経験から
美容室にない育毛剤を教えてくれる場合があります。

 

その美容室で取り扱っているお勧め育毛剤を
「今お渡しできますけど、ネットの方が安いから帰ってから探してくださいね」
と行ってもらえるそんなケースさえあります。

 

その場合馴染みの美容室で相談されるのがいいと思います。

 

これまでの経緯も美容師さんがよくご存じです。
そして、育毛剤を使用したときもその旨伝えると、
生えてきているあるいは変化なしと教えてくださることでしょう。

 

抜け毛が減ったことは自覚できても、
短い毛が生えてき始めた段階では、自分ではなかなか確認できないのです。

 

育毛剤がピタッと自分に合ったときは美容室の椅子に座ったとたん
「お、いいのありました?生えてきてますよ」と言ってもらえることもあります。
恥ずかしがらずに相談するのが一番ですよ。

PAGETOP