薄毛の原因「遺伝」がもたらす悪影響とは

薄毛は遺伝するということを耳にしたことのある方は多いと思います。

 

親が薄毛で自分も薄毛という方は、
これまでにも「これは遺伝なのか」と漠然と思っておられたかもしれません。

 

そして、遺伝であればあきらめるしかないのかと絶望的な気持ちを抱いてしまうことでしょう。
残念ながら、薄毛はやはり遺伝するものなのです。

 

男性の薄毛の多くは「AGA(男性型脱毛症)」です。
このAGAは男性ホルモンの影響によるものです。
AGAの発症のメカニズムと遺伝の関係を知り、今後の改善策を考えてみましょう。

 

薄毛の原因物質「ジヒドロテストステロン」とは

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが
5αリダクターゼという酵素が結びつくことにより作られる
「ジヒドロテストステロン」が原因となり、発症します。

 

ジヒドロテストステロンが受容体と結合して作られる
TGF-βというたんぱく質が毛母細胞に悪影響を与えるのです。

 

 

その悪影響とは、毛母細胞の活発な働きを阻止し、
毛が抜けていくように促します。

 

そのためヘアサイクルが大幅に狂うことになり、
成長しきっていない毛までもが抜け毛となっていましまうのです。

 

すぐに抜け毛になるほどのダメージを受けなかった毛髪も成長は極端に遅く、
結局十分成長することがなく細いままとなる場合もあります。

 

そのような成長途中の毛ばかりになると仮に本数があったとしても
一本一本が細いので結果的に薄毛に見えてしまいます。

 

遺伝だからとあきらめないことが大切

薄毛が遺伝により決定づけられるのは、
ジヒドロテストステロンと受容体が結合するときの関係です。

 

TGF-βというたんぱく質が生成されるときの
ジヒドロテストステロンと受容体とが結合しやすいかどうか、
その点が遺伝で決まってくるのです。

 

結合しやすい場合は「受容体の感受性が高い」と表現されますが、
感受性が高いかどうかという点が生まれつき決まっています。

 

では、遺伝なので薄毛は仕方のないことなのでしょうか。
阻止する方法のない時代なら、薄毛もあきらめるしかなかったことでしょう。

 

が、現在では、薄毛のメカニズムや複雑に絡み合う原因が解明され、
それぞれの原因にアプローチしていく改善方法が確立されています。

 

その一つが育毛剤であり、AGAの治療です。

 

遺伝だからと諦めてしまった人と、なにかできることがあるはずと
こつこつ取り組んだ人では将来の頭髪に大きな違いが表れます。

 

なにも対策をしないで
「どうせ、全部抜けてしまうんだ」とあきらめてしまうのは非常に残念な話です。
改善できることを信じて取り組めることに取り組んでおきましょう。

PAGETOP