薄毛治療薬の種類と副作用

医師のもとで処方してもらう薄毛の治療薬には
ミノキシジルとフィナステリドがあります。

 

個人輸入、輸入代行という
方法で購入する手もありますが、あまりお勧めできません。

 

なぜなら、健康状態のチェックや副作用についての説明確認がないからです。
ミノキシジルとフィナステリドには説明されるべき副作用があります。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはもともと
高血圧の方のための血圧を下げる薬として開発されていました。

 

偶然、発毛するという副作用が確認され、育毛剤として開発が続けられました。
このようにれっきとした医薬品で効果があるからにはリスクもあります。

 

そのリスクが男性としての元気を失わせる副作用が多く確認されているため、
使用に二の足を踏む方も実に多いです。

 

ミノキシジルを使用して薄毛が改善されたは良いけれど、
男性の機能が低下し性欲減退、勃起不全に見舞われるとどうでしょうか。

 

男性としての魅力が半減し性生活が充実しないのであれば、
薄毛で元気だったほうが良かったと感じてしまうのではないでしょうか。

 

そのほかにも血圧に関連する薬だったため、
副作用に低血圧や不整脈、副作用というよりも
薬が効きすぎて多毛症、肌トラブルなどがあげられます。

 

使用した全員に副作用が出ることはありませんが、
全身の多毛症で脱毛に通う羽目になったなど
コントのようですが笑えない状況に陥った方も中にはいるようです。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドは元来、前立腺肥大の方のために作られた医薬品です。

 

ですので、もともとホルモンをコントロールする働きがあり、
ホルモンに関係する副作用が出るおそれがあります。
例えば性的欲求の減退、勃起不全などの性機能障害の副作用です。

 

その他うつ症状、肝機能障害など、
出てしまうと日常生活に多大な悪影響がでてしまう副作用が報告されています。

 

また、フィナステリドは女性には処方されません。
飲むことはもちろん触ることも禁じられています。

 

女性がフィナステリド配合の薬を飲んだり触ったりしてしまうと、
胎児の生殖器の異常という重大な副作用の可能性が出てくるからです。

 

妊娠中の女性はもちろんのこと、
これから妊娠する可能性のある女性は
フィナステリドに近づかないように留意すべきです。

 

一緒に住むパートナーの女性がいる場合などは特に注意が必要です。

 

パートナーの女性を守る観点からも
フィナステリドの服用にはきちんとした管理を心がけなければなりません。

 

ただし、自分がフィナステリドを服用しているときの性行為や
パートナーの妊娠については、特に神経質になる必要はありません。

 

女性が触れることのないように薬の管理だけは気を付けてください。

PAGETOP