飲む(服用型)の育毛剤〜薄毛治療薬について〜

薄毛の治療は医師のいるクリニックでしかできません。
増毛はサロンや美容院でできますが、植毛と服薬治療は医師のもとで行われます。
その薄毛治療で使われる薬にはどのようなものがあるでしょうか。

 

医師の処方を受けましょう

塗布する育毛剤も内服薬も最近では種類が増え、
ジェネリック医薬品も出ています。

 

これらの薬は個人輸入できるものもありますが、
その場合は副作用に関する説明もきちんと受けることができません。
必ず医師に処方してもらいましょう。

 

医師の処方であっても、
クリニックによりまた塗布する薬などは濃度により、価格が変わってきます。

 

安く薬を手に入れる方法としては、
サイトで価格を表示しているクリニックを比較検討して、
安く処方してくれるところを選び、でジェネリック医薬品を選択することです。

 

薄毛の治療薬

 

ミノキシジル

皮膚科や、薄毛専門のクリニックで処方されるのが、ミノキシジルです。

 

この薬は大変有名で、薄毛治療をするほとんどの方が
この薬を使用すると言っても過言ではありません。

 

もともと高血圧の薬として開発された薬でしたが、
副作用として多毛症などがあったため、薄毛改善の点に焦点をあて
開発され続け今のように利用者が多く有名な治療薬となりました。

 

血行を促進して毛根に働きかけ発毛につながるとされています。

 

市販の育毛剤にこのミノキシジルが配合されたものがあり、
大正製薬のリアップとして発売されています。

 

ただ、副作用も確認されている医薬品ですので、
店舗購入の場合は薬剤師の方から通販でも店舗から健康状態などの確認があります。

 

フィナステリド

フィナステリドは医師による処方が必要な内服薬です。

 

5αリダクターゼが男性ホルモンと結合して
脱毛ホルモンになるのを防ぎ、その結果脱毛が減ります。
医師により処方された場合は「プロペシア」という名で呼ばれ非常に有名です。

 

フィナステリドは内服薬のみです。

 

プロペシアは男性用の医薬品で、
女性が飲む胎児に悪い影響を及ぼすとして、
女性は飲むことも触ることも禁止されています。

 

フィナステリドは「ファイザー」という名の
ジェネリック医薬品(後発医薬品)としても出ています。
成分が変わらず価格は安いことで人気です。

 

「プロペシア」名でフィナステリドを処方してもらうことがわかった時点で、
「ジェネリックでお願いします」と言うと変えてもらえますので少し安価となり助かりますね。

 

薬の併用

AGA治療を受ける際、初期段階の薄毛の場合、
ミノキシジルとプロペシアの併用はせずプロペシアのみ服用することが多いです。

 

薄毛も進行してしまっていて誰の目にも明らかな場合、
プロペシアで根本的な治療を気長に続けると同時にミノキシジルを
直接薄毛の箇所に塗布する治療を施される場合が多くなります。

PAGETOP