話題のスーパーフードで薄毛を改善

美容と健康維持に積極的な方が好んで利用されるのが、
「スーパーフード」と言われる食品です。

 

スーパーフードとは、通常利用する食品よりも、
栄養素や健康増進のための成分を多く含む食品です。

 

スーパーフードとは

日本スーパーフード協会が推奨するスーパーフード10として挙げられているのは、
スピルリナ・マカ・クコの実(ゴジベリー)・カカオ・チアシード・ココナッツ
アサイー・カムカム・ブロッコリースーパースプラウト・麻の実(ヘンプ)です。

 

精力増強に効くというマカは聞きなじみのある方も多いでしょう。

 

ココナッツオイルもテレビやネットなどで
モデルの方が使用していると話題になり、品切れ状態になるほど流行しました。
アサイーのサプリメントも人気商品です。

 

薄毛に効くと話題のスーパーフード@「チアシード」

そのようなスーパーフードの中で、
薄毛に効果があると話題になっているものの1つが「チアシード」です。

 

チアシードはシソ科の果実の種で、見た目はゴマのような小さい粒です。
チアシードは多くの方に利用されていますが、ほとんどの方がダイエット目的です。

 

水を含むと10倍に膨らむということから、
食前にチアシードを食して満腹感を得るのが主な目的です。
食物繊維も豊富でお通じによいことも人気の理由です。

 

そのチアシードが薄毛に効くと話題になっている理由は、
たんぱく質と亜鉛とビタミンを含んでいるからです。

 

また良質なオメガ3脂肪酸(α−リノレン酸)が
頭皮環境を整える役割を果たしてくれます。

 

薄毛に効くと話題のスーパーフードA「スピルリナ」

このほかに「スピルリナ」も注目されています。

 

スピルリナは熱帯地方の湖に生える藻で、
粉末状、あるいは錠剤のサプリとして発売されています。
その栄養価の高さから日常生活に取り入れる人が急増中です。

 

薄毛に効果のある栄養素であるタンパク質、
ビタミンB群、ミネラルも豊富に含まれています。

 

たんぱく質やビタミンBなら他のもので十分摂れると感じるかもしれませんが、
スピルリナに含まれるその量は他食品とは段違いです。

 

割合的に言うとスピルリナの60%を占めるのです。
大豆に含まれるたんぱく質が35%ですので、いかに多いかがわかります。

 

他に血行促進に不可欠なビタミンとミネラルが豊富という点も
健康的な毛髪の育成促進につながりますので、
薄毛対策に効果があると注目されるようになりました。

 

日常的に取り入れるとよいのですが、
医師から処方された抗血液凝固剤ワーファリンを服用されている方だけは、ご注意ください。
薬剤の効き目がなくなってしまいます。

PAGETOP