薄毛対策には絶対「育毛剤」!鉄板の育毛対策を紹介

男性の薄毛人口は、国内で
1200万人とも1300万人とも言われています。

 

およそ4、5人に1人の割合です。
自分がその1人なのかどうか気になり始めた方は、
本当に薄毛かどうかを確かめましょう。

 

自分は本当に薄毛なのか

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクルが正常ではなくなり、
成長途中の弱々しく先が細い毛が抜けてしまいます。

 

このことを利用して自分がAGAかどうか、
抜け毛を見て確かめることができます。

 

ヘアサイクルが正常だと、この成長しきっていない細い毛は全体の1割程度ですが、
AGAが進行している場合、成長していない毛が抜け毛の中に3割程度混ざっています。

 

その他にも、
「生え際が後退して額が広くなっている」
「頭頂部が薄くなっている」
「額がM字になりそり込み部分が後退している」

 

といった症状があれば、残念ですが、AGAの可能性が高くなります。

 

こっそりと治したい薄毛

薄毛になってくると、人の目ー特に女性の目が気になり、
話していると自分の髪に女性の視線が行っているような気がします。

 

確実に見られているときもあります。
「見ないで欲しい」と言うわけにも行かず、視線に耐えるのみです。

 

独身の男性は薄毛のせいで彼女ができない気もしてきますし、

 

結婚して子どものいる人は
子どもが自分の薄毛を嫌がっていないか気になることもあるでしょう。

 

そこで、薄毛対策を始めている方も多いのではないでしょうか。
薄毛対策シャンプーを試したり、ヘアトニックをふりかけて頭皮マッサージをしておられるかもしれません。
できるなら、気にしていることを家族にさえ知られず薄毛改善したいのが、正直な気持ちだと思います。

 

植毛?増毛?カツラ?

植毛・増毛・カツラは高額で、
中でもカツラは高額な上に不自然です。

 

ある日突然かぶるのも勇気がいります。
それでも、それしか方法はないのかもしれないと思い詰めてはいませんか?

 

植毛は、自分の毛根を目立たない後頭部や側頭部から、
手術により皮膚ごと毛の薄い箇所に移植するものですが、
その傷跡が目立つ場合もあります。

 

また、薄毛の程度にもよりますが、
40万円から100万円ほどの費用がかかる上に、
医師の腕前で施術の結果が変わってくるところが考えどころです。

 

例えば、生え際の施術の際には、
毛の流れや他の健全な箇所との毛量の自然なぼかし方が問題です。
施術が良くないとカツラのような不自然な毛になってしまう場合があります。

 

優秀で信頼できるクリニックを探すことが重要です。
増毛は植毛よりも気軽にできますが、メンテナンスのたびに費用が必要です。

 

毛の根元に人工毛を結んで増やす増毛は、
その増毛箇所が毛の成長とともにあっという間に地肌から遠のいてしまうからです。

 

本当にこれらのリスクを負った対処法しかないのでしょうか?

 

育毛剤で着実に増やす

薄毛の兆候が見えてきたという段階であれば、
育毛剤を使用して自分自身の毛を増やす努力をしてみるのが賢明です。

 

自分に合う育毛剤を見つけることができれば、
多少時間がかかっても薄毛の状態を改善することは可能なのです。

 

ただしドラッグストアなどで誰でも手に入る安価な商品では、
あまり効果は現れません。
育毛に必要な成分が十分に配合されているとは言えないからです。

 

育毛剤の特性を見極めて自分に合う商品を購入すると、
早い段階で抜け毛の軽減を実感できる可能性が高いと言えます。

 

それと同時に、生活習慣の改善にも取り組まなければなりません。

 

薄毛は、複合的な要素が絡み合って起きる症状なので、
育毛剤を使用すれば万事OKというわけにはいかないのです。

 

薄毛や育毛剤に関する正しい知識をしっかりと身につけた上で、
より効果の高い対策を練り、髪の毛に関する悩みから一刻も早く解放されましょう!

PAGETOP